WEB2.0時代のWEBプロモーション(その2) SEO対策は必要か?

[ メルマガ登録/BackNumber ]

最近のニュースとしては、『キーワードアドバイスツールが復活!』 を
挙げるSEO関係者も多いのではないでしょうか?


ご存知の方も多いかと思いますが、9/13付けでオーバーチュアの
キーワードアドバイスツールの提供終了となり、しまった!と思っていたら
なぜか9/23に復活。今現在も閲覧できています。


補足するとキーワードアドバイスツールとは、月間のキーワード検索回数や
検索キーワードの組み合わせが解るもので、本来の目的はオーバーチュアに
広告出稿する際、簡易マーケティングするために提供されたものでしたが
広く一般ユーザーに使われ、SEO対策ではかなり重宝されたツールです。 


ところで、私は商売をやっている以上、ずっとプロモーションし続けなければ
いけないと考えています。

そのため、自分でできるプロモーションを提唱しているのですが、この一件で
自分でできる(一般ユーザーでもできる)SEO対策の難しさを改めて感じたわけです。 


-SEO対策の基本-

1.検索で上位を目指すキーワードを決める

2.検索にかかり易いようにソースを整理する

3.検索にかかりたいキーワードを埋め込む

4.内部と外部のリンクを適切に行なう

キーワードアドバイスツールが提供されなくなると、1について自分で行なうことは難しくなってきます。
もともと2や3についてはWEB制作会社でないとできない部分もありますから
SEO対策はお金を払ってヒトマカセ。という時代になりかねません!

それはダメっ!

なぜダメか?


インターネット社会での検索は、オフラインでのPRとは全く違います。


例えばオフラインで、店舗の前で実演販売したとします。
実演販売を見てくれるのはその前を偶然通った人だけですが
インターネットで実演販売をした場合、その記録や情報がインターネット上に残ります。

その積み重ねが情報量となり、お客様のニーズに向けて情報をきちんと出し続ければ
必ず情報のはしくれがお客様に届きます。


広告も同じです。例えば100万円で雑誌に広告を出稿したとします。
タイミングが合ってちょうどそのページを見た人がお客様になるかもしれません。
でもその100万円で永遠に残る情報をインターネット上に残したら、
サーバーがある限りその情報はニーズの前に出現します。


けっして私はインターネット信者ではありませんが^^

そういう仕組みに必要なことがSEO対策なのです。
だからこれって大事ことだよなぁ、と常々犬伏は思っていたワケです。


オフラインもオンラインも活用して、PRして、集客することは大事!
でもSEO対策って今までのPRツールとちょっと違うでしょ?


大事なことは必要なお客様に見つけてもらえる為のSEO対策なのです。
検索ロボットに迎合する対策は時代とともに流れ去っていくでしょう。

ずっと、プロモーション。商売を続けていく限りずっと。

そんな観点からSEO対策を考えてもらえれば嬉しいです。

SEO対策は必要ですか?

必要ですとも!

とにかく、「検索で上位を目指すキーワードを決める」のに役立つ
キーワードアドバイスツールについては、いつまた提供がなくなっても
おかしくない状況ですので、これから検索上位を目指したいキーワードが
あるなら今のうち!
気になったら調べてみてくださいね。