WEB2.0時代のWEBプロモーション(その5)PODCAST プロモーション 1/2

[ メルマガ登録/BackNumber ]

RSSで世界は変わる!と感じている犬伏ですが、今回はRSSを使用した
インターネットツールの中でも、ちょっと楽しいプロモーションツールと
してPodcast(ポッドキャスト)をご紹介したいと思います。


Podcastとはインターネット上の音声や動画をRSSを使用してダウンロード
し、iPodやPSPなどで視聴する仕組みです。


ユーザー側からはRSSをiTunesなどに登録しておくと、自動的に最新の番組を
ダウンロードしてくれるので、私も毎日iPodを接続したPCに電源を入れる
だけでいくつかの番組を持ち歩いて視聴しています。


私が通勤時などによく聴くいているのは、王道の『日経ビジネス Podcast』
(http://business.nikkeibp.co.jp/podcast/index.html)やバンクーバー
からの英会話『eChat Vancouver』(http://syndy.jp/podcasting/echat/)
など。


まだ挑戦したことのない方は、サイト上の『RSS』と表示されているボタンを
iTunesにドラック&ドロップして聴くことができます。

もっと知りたい方は犬伏のPODCASTサイト
に詳しい説明がありますので参考になさってください。

、、、でもこの操作、難しくないですか?
これがもっと簡単にできたらRSSの利用が増えるのに!

近い将来そうなるとは思っていますが、現在はまだ「キテない」といった
現状でしょうか。
しかし新しいiPodやPodcastもできる携帯電話の登場など、「キテる感」はありますね^^


* * *


そこでプロモーション的には、Podcastでどんなことができるか考えてみました。


1)情報が欲しい見込み客に動画や音声でわかりやすく情報を伝える

2)見込み客へのお試し体験で購買意欲をそそる

3)定期的に番組を配信することでファンをつくる

大きくわけると上記3点になりますが、今回は実際に戦略的にPodcast
プロモーションに取り組んでいる英会話 Gabaの
『G Style English~シチュエーション別英会話~』
http://www.gaba.co.jp/podcast/の例をみてみましょう。

1)の情報を伝える点では、特に動画ではサービス・商品の情報を伝える
手段としてわかりやすく、安心感があります。


ここでとりあげた英会話や講座等だけでなく、飲食関連や美容関連でも
訴求するPRの仕方だと考えています。

調査のなかで面白かったのはエンドユーザーの声で、CMと違い一般の人が
サービスを受けた時のリアクションに真実をみたと話していたのが特徴的でした。

GabaのPodcastでも実際の講師や教室の様子を見ることができ、
番組を楽しみながら意識しないうちに情報を得ていることになります。

2)のお試し体験も同様に、ライトなサービスを体験させることで、購買への
ハードルを下げています。


修得ビジネスはもちろん、旅行やサロン等のバーチャル体験も効果的です。
短い内容を連続して配信することで体験回数を増やしていくとよいでしょう。


Gabaの例では英会話のワンセンテンスに絞ることで、実際の授業とは違う
内容を体験させています。実際のサービスと同じものを体験させようと
すると“1回の視聴が10分程度” “ながら聴き” “情報を得たい”
というPodcastユーザーの特性に合わないため、別のコンテンツを
Podcast専用に用意することが望ましいでしょう。

3)のファン作りとしてのPodcastは “Podcastは1人で視聴” “アーカイブ
として繰り返し視聴できる” “配信内容を規制する機関がない” という
特徴があります。


現在、Podcast番組をiPodで視聴する場合とPCで視聴する場合の割合は
半々と考えられていますが、TVやラジオ番組と違いどちらも1人で視聴する
ことがほとんどです。


そのため親密度が増し、また公に視聴するには恥ずかしいと感じる内容でも
視聴してもらいやすい傾向があります。美容商品やマニア商品等が例として
あげられます。


確かに他のメディアに比べて視聴数は少ないですが、ラジオやTV等よりも
いっそうの親近感を感じさせるメディアであるため、番組の作り方に
よっては購買にも高い効果を生み出すと考えています。


* * *

以上 プロモーションツールとしてのPodcastをみてきましたが、
私はリアルな情報をどんどん出していかなくては顧客に評価されない
WEB2.0時代においてPodcastは使えるツールになってくると感じています。


費用的にも労力的にも、定期的に番組を配信することが他のメディアより
簡単であるため、PR方法の一つとして取り入れてみてはいかがかと思います。


但し、冒頭でも書いたとおり視聴に関する一連の操作がもっと簡単になれば
より中小企業や店舗等でも参入できる有効なPRツールになるのですけれどもね。

次回のメルマガではPodcast後半として、実際に「Podcast番組を作るには」
にスポットをあてていきます。