WEB2.0時代のWEBプロモーション(その6)PODCAST プロモーション 2/2

[ メルマガ登録/BackNumber ]

RSSで世界は変わる!

、、、と再度、力が入ってしまいましたが、今回は前回のメルマガ
「Podcastで何ができるか?」の続編 「Podcastサイトを作るには」について
ご紹介していきます。


Podcast(ポッドキャスト)とはインターネット上の音声や動画をRSSを使用して
ダウンロードし、iPodやPSPなどで視聴する仕組みです。


RSSという更新情報を知らせる機能が、ブログサイトには必然的にあるため
ブログサイトを使用してPodcastサイト制作をすることが簡単な方法です。


Podcastサイトをつくるには下記の4つのステップがあります。

1)ブログサイト(RSS2.0対応)を設置
2)音声・動画の収録・編集
3)音声・動画ファイルのアップロード
4)サイト登録

なんだか難しそうに見えますか?
そんなことはありません。

1)ブログサイト(RSS2.0対応)を設置


Podcastサイトをブログで作るには、ブログポータルサイトにてブログをレンタル
する方法と自社サーバーにブログアプリケーションを設置する方法があります。


レンタルブログには無料のものと有料のものもありますが、どちらでもRSS2.0に
対応していれば問題ありません。しかしファイル容量や種類の制限があるため
ポッドキャティング用としてアナウンスしているものが望ましいでしょう。

個人や気軽に始めてみようという方はレンタルブログを使用していることが多いですね。
具体的には、Seesaaブログ、TypePad、ケロログ、ココログなどです。

自社サーバーにブログアプリケーションを設置する方法とは、Movable Typeや
SereneBach、WordPress等を設置してオリジナルのブログサイトを構築するものです。

メリットとしては、ファイルサイズ等の制限がなく、デザインレイアウトや仕様、
コンテンツについても自分で設計できることですが、プログラムがやや難しいため
WEB制作会社に発注して制作することが一般的です。
ビジネスとして本格的にポッドキャティングを始めたい方向けの方法です。

2)音声・動画の収録・編集


番組の構成や配信回数、配信間隔などを考慮の上、音声または動画を収録します。

アップロードする時にはMPEGという圧縮されたファイル形式にしなければ
いけないので、音声の場合はmp3、動画の場合はmp4のファイル形式に変換します。


個人で配信する場合は、収録後自動でファイル形式をmp3・mp4に
変換してくれるものがお勧めです。例えば私はSANYOのXactiという動画デジカメを
愛用していますが、撮影後そのままmp4ファイルで保存されるので、ファイル変換の
必要がなく、撮りっ放しでアップロードできるのが楽チンです。

編集する場合も個人の場合は動画編集アプリケーションで編集します。
Windows ムービーメーカーやiMovie HDなどがあります。


しかし、本格的にPodcastサイトを制作したい場合は収録・編集を
プロに頼むほうがよいでしょう。

音質や画質はもとより、やはり構成が大事です。また、スタジオの手配から、
収録、編集、必要に応じてモデルやナレーション、BGMも必要なこともあります。

蛇足ですが、弊社でも番組企画や収録・編集を行なっておりますので必要でしたら
お問合せくださいませ。( http://movie.gath.jp )

3)音声・動画ファイルのアップロード


2)で作成したファイルをアップロードします。ブログの場合は管理画面に
『ファイルのアップロード』等の表示がありますのでその指示に従ってください。


ファイルをアップロードしたら、そのファイルへのリンクをブログ本文に貼るだけで完了です。

配信日を指定または予約したい場合は、ブログのエントリーの日付を指定してください。予約投稿ができるブログであれば可能です。


上記までで、ポッドキャストサイトは完成です。
思ったより簡単?


付け加えるならば、戦略的にポッドキャスティングを行なう場合は
ファイルのダウンロードボタンや視聴の仕方を追加したり、動画のサムネイルを
付けたり、お客様の反応を見ながら調整してみてください。

4)サイト登録


サイト登録は、特にしなくても問題ありませんが、せっかくPodcastサイトを
作ったので、ポッドキャストサイトとしてポータルサイトに登録してみましょう。

具体的にはTunesMusicStore、ッドキャスト、PODCAST navi、ポッドキャスティングジュースなどです。


以上、簡単にPodcastサイト制作の方法をご紹介しました。


今後のPodcastの可能性として、e-ラーニングや自社メディアとしての活用をあげて
終わりにしたいと思います。

情報が力を持つ時代、音声や動画のでの情報の発信、
そして現在オフラインで販売しているもののe-ラーニング化、
あるいは自社発信のリアルなメディアツールとして
Podcastを活用してみてはいかがでしょうか?