『携帯サイトの現状を知る』

[ メルマガ ]

私はNTTドコモの端末を使用していますが、忘れもしない2008年4月1日、
ドコモimodeのiMENU画面に、Yahoo!検索とGoogle検索が登場しました。
つまりWEB検索ができるようになったのです。

衝撃的な出来事でした。


その日は渋谷のイベント後に、食事なら神泉駅付近に良い店があったはず、と
思い出し、いつも通りimodeグルメサイトから店の情報を探そうとしました。
しかし画面を開いてびっくり。
「WEB検索がある!」と驚きつつ店の検索をしました。


それ以前のドコモポータルサイト(iMENU)では、
「公式サイト」と呼ばれる登録制ディレクトリ型サイトのみが表示され、
検索サイトによるWEBサイト検索サービスは行われていませんでした。


その店は美味しいけれど、とても小さな店舗。
ぐるなびやホットペッパー等の登録サイトには掲載してないかもしれません。
検索でヒットするか不安。でも今日このメンバーで行きたい。


近くのネットカフェまで行って検索するのは面倒だな、、、と思いながら、
「神泉 オーストラリアワイン」と入力すると、いくかの食べ歩きブログが
ヒットし、その場で予約して食事を楽しむことができました。


あれから4ヶ月。

携帯端末からのインターネット接続が、企業に変化を迫っています。

現在、携帯端末からのインターネット利用者数は7000万人を超えています。


au(EZweb)では既に2006年7月Google検索サービスを開始しており、
ソフトバンクモバイルでも同年10月からYahoo!検索サービスを開始して
いました。現在では共に検索サービスを標準化しています。


以前は検索の精度や回答が不十分であった検索サービスも
現在では、PCサイトを含んだ検索や、パーソナライズ検索(ユーザー別に
個々に合った検索結果が出る仕組み)をはじめ、
利用者の増加に合わせてますます機能向上しています。

また、携帯端末ユーザー7000万人のうち6000万人がPCと携帯端末を
併用しており、利用者はいくつかのグループに分かれます。

・PCに触れる機会が少なく、携帯端末を主に利用する層。
・職場や学校ではPCを利用し、プライベートでは携帯を利用する層。
・主にPCを利用するが、移動時などPCがない環境では携帯を利用する層。


いまや、携帯端末からでも、PCと同様に、
SNSやブログ、2ちゃんねる等のポータルサイト、Googleマップなどの
検索エンジン以外のコンテンツサイトからの情報入手が行われているのです。

この、次々登場する新しいコンテンツに、頭を抱えてしまいそうですか?


いいえ、そんな必要はありません。


私達が行うべきことは、私達のお客様(見込客)に情報を伝えることです。
つまりお客様の行動特性を企業が理解していれば、
あとはそのお客様に向けて情報発信するだけ。
手段が変わっても考え方は同じです。


ここでも顧客を知っている企業が勝ち残っていきます。
あなたのお客様はインターネットとどんな関り方をしていますか?
無駄に携帯コンテンツに投資する前に、
まず顧客の行動特性を考えてみてください。


そうはいっても多少覚えておいてもらいたい携帯端末サイト作成のルールも
あります。主なルールをご紹介します。

1)IP制限
従来の、登録制ディレクトリサイトで携帯から指定したURLを表示する際、
不正アクセスを防止するために、該当IPアドレス帯地域以外のアクセスを
排除するというサイト構築の手法。しかし、IP制限を行うことによって、
検索ロボットのアクセスも禁じてしまうので、
サイト構築の際、この問題をどうするかの判断が必要です。


2)パケット料金
パケット定額制により携帯端末からのインターネット利用料は気にしないと
思われがちですが、パケット定額制への加入は2008年3月で40%程度。
現時点ではパケット料金が嵩む情報・画像の掲載は避けた方がよいでしょう。


3)キャリア変換
絵文字の例がわかり易いですが、ドコモ/au/ソフトバンクの3キャリアでは
表示方法が違っているのです。自動的にユーザーの端末を識別し、
それぞれのキャリアに合わせて自動的に変換を行うことが必要なのです。


4)フィルタリングサービス
総務省では、未成年の犯罪被害防止を目的として、原則18歳未満の有害サイト
のアクセスを制限するフィルタリングを2007年末より行っています。
SNSサイトの多くが規制の対象となる等、
今後の動向に注意する必要があります。


さて、以上のことを踏まえて、私たち企業はこれからどのような携帯サイトを
作成していくべきか、次回から考えていきましょう。


出典・参考
「インターネット白書」2007 2008
「モバイルマーケディング最前線」
佐藤正弘著「携帯サイトSEO&SEM向上テクニック」


*このメルマガは2008年8月28日(発行日)現在の内容です。